一般社団法人国際天然物機能開発研究会

研究会レポート

新じゃがいも活用薬膳レシピ

bizenyakuze...

 

「新じゃが」が美味しい季節になり、

スーパーでもおいしそうに輝いていますね。

 

他の時期に収穫されるじゃがいもと比べて

皮が薄くて甘みが多いのが特徴です。

 

じゃがいもの性質は『温性』で体を温めるので冷え性に抜群です。

中性脂肪とコレステロールを下げたり、

胃と腸の粘膜を守る役目もします。

また、繊維が多く含まれているので、胃腸の痙攣や痛みを緩和、

便秘改善にもおすすめです。

 

さらに、薬膳ではじゃがいもはじゃがいものお粥として、

ヘルペスや胃炎の症状にも使用されます。

じゃがいもの皮をむいて、角切りにし、米と一緒に炊いて食べます。

 

本日は新じゃがいもと鶏肉の煮物をご紹介します。 

 

材料

新じゃがいも 5~6個、鶏肉 200~300g、

ごま油 大さじ2、砂糖 大さじ2、醤油 大さじ1と1/2、だしの素 小さじ1

 

レシピ

1.じゃがいもは皮つきのまま、泥を綺麗に落とし水洗いします。

2.鶏肉は一口大に切ります。

3.鍋にごま油を中火で熱し、鶏肉、じゃがいもの順で炒めます。

4.全体に油がなじんだら、ひたひたになるくらいに水を加え、調味料を入れます。

5.ひと煮立ちしたら火を弱め鍋のふたをし、汁気がなくなるまで煮ます。

 

図2.png

 

美膳薬膳   2016年04月27日   admin
 

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください