一般社団法人国際天然物機能開発研究会

国際天然物機能開発研究会 活動内容

 当法人は健康や未病、若さをテーマにし、健康に対する意識の向上や生活習慣の見直し、健康指導を目的とし設立され、下記のような様々な活動を行っております。

 

【研究活動や国際科学技術交流】

国際天然物機能開発研究会本部は、九州大学内に設置しています。同会は、天然産物を活用した環境問題と健康、生活習慣病の予防に関して、日本と中国、シンガポールの産学官が連携し、国際共同研究を目的に活動をしています。

 また、長崎国際大学薬学部内生薬研究所において生薬の研究開発に取り組んでいます。中国の遼寧中医薬大学附属病院内臨床研究室、瀋陽薬科大学内新薬研究室では、臨床研究や新薬の開発に力を入れています。試験工場においては安全性に重視し、健康食品の機能性についての検定や認証を行っています。

 海外の拠点として、シンガポール、フランス、カナダに国際天然物機能開発研究会の分会があります。

リンク集

http://www.sciencearts.com/main/(科芸私人有限公司(シンガポール) SCIENCE ARTS CO PTE LTD)

http://www.lnyzyy.com/  (遼寧益衆医薬有限公司)

http://www.san-eki.co.jp/ (三益製薬株式会社)

 


 

activities_... activities_... activities_... activities_...
九州大学 長崎国際大学 遼寧中医薬大学 瀋陽薬科大学

 

activities_...
日本
中国
シンガポール
合同調印式
activities_...
フランスとの
国際共同研究
調印式

 


 

 

【市民講座、セミナーの開催】

 国際天然物機能開発研究会では、生薬に関するセミナーや、健康に関する講座等を各種開催しています。

セミナー要請による出張セミナー、健康講座等も開催しています。

 

【企業との共同研究開発】

 企業との連携において共同研究により、商品開発を行なっています。

 

【日本企業の海外進出】

 海外進出を考えておられる企業の、事業展開や販路開拓をお手伝いしています。